人気店が収益寄付常連客の支援で倍額に<マンハッタン>

ソーホーの人気フランス料理レストラン「バルサザール」は、8日のディナーの全収益をウクライナの子供を守るユニセフのチャリティーに寄付した。9日付ABC7ニューヨークが伝えた。ディナーは大盛況で5万ドルを売り上げたが、客の1人がマッチングギフトでレストランの収益と同額を上乗せし、寄付を支援した。同レストランのゼネラルマネージャーは「大きな額に驚いた。素晴らしい男性で長年の常連客だ」と述べた。苦難の状況下にある別大陸の人々を助けるため、ニューヨーカーは市内各地でさまざまな支援を行っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。