自宅でゴーストガン製造者を逮捕<ブルックリン>

NYPDは9日、ブルックリン区の自宅でゴーストガンを作っていた男を逮捕した。同日付FOX5ニューヨークが伝えた。短銃、ライフル一丁とパーツが押収され、容疑者は少なくとも7丁の銃を作る部品を所有していた。オンラインで購入する部品と3Dプリンターで作ったパーツで組み立てるゴーストガンは、シリアル番号がなく入手ルートの追跡は不可能に近い。500ドル以下で製造でき、1500ドルで取引されるといい、ニューヨーク市での押収は2019年に47丁、21年には375丁に増えた。新たな銃取引の現象は警察の取り締まりをより困難なものにしている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。