大麻の販売許可犯罪関係者を優先に<オールバニ>

ニューヨーク州の大麻管理委員会は10日、同州のキャシー・ホークル州知事の後押しを受け、州の大麻の販売許可は過去に大麻関連で有罪判決を受けた人、あるいは身内が大麻犯罪に関わった人から与えていくことを決定した。同日付PIX11が伝えた。この決断は地域に対して、50年に渡る大麻を禁じる厳格な法律が歴史的過ちであったことを正す意図がある。1980年代に大麻の使用と販売で逮捕され、弁護士代が家計をひっ迫したという男性は、決定は公正な動きであるとして、職が得られることを期待している。州は許可書を今年中に発行するとしている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。