ウクライナ支援銃の寄付を呼び掛け<ロングアイランド>

ナッソー郡のブルース・ブレイクマン郡長官は3日、ウクライナに銃を送るために、合法的な銃の所有者に寄付を呼びかけた。同日付CBSニューヨークが伝えた。ウクライナ系アメリカ人である長官は、第二次世界大戦中のフランス人の抵抗運動を引用し、「自衛のためにウクライナ人を長銃で武装させよう」と呼び掛けた。寄付はフランクリンスクエアの「SPファイヤーアームズ」で受け付ける。合法的に所有され、弾丸が入っていない長銃のみで、拳銃は受け付けていない。また、同郡のウッドベリージューイッシュセンターなどにも、多くの必要物資などが寄付されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!