深刻な公立学校離れ教育局長官が改革計画<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市教育局のデービッド・バンクス長官は2日、公立学校変革に関するビジョンを発表した。同日付PIX11が伝えた。市のデータによると、過去5年間で12万もの家族が公立学校を離れており、長官は「家族の信頼を取り戻すことから状況を変えなければならない」と述べた。また黒人とラテン系の生徒の3分の2は、基礎科目の数学と英語の習熟度を達成できていない。教育局は、職業体験プログラムの復活や、「ギフテッド・アンド・タレンテッド」などのプログラムの拡大、早期のキャリアパス決定、生徒の健康の優先、意思決定への家族の参加などを計画している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。