深刻な公立学校離れ教育局長官が改革計画<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市教育局のデービッド・バンクス長官は2日、公立学校変革に関するビジョンを発表した。同日付PIX11が伝えた。市のデータによると、過去5年間で12万もの家族が公立学校を離れており、長官は「家族の信頼を取り戻すことから状況を変えなければならない」と述べた。また黒人とラテン系の生徒の3分の2は、基礎科目の数学と英語の習熟度を達成できていない。教育局は、職業体験プログラムの復活や、「ギフテッド・アンド・タレンテッド」などのプログラムの拡大、早期のキャリアパス決定、生徒の健康の優先、意思決定への家族の参加などを計画している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。