深刻な公立学校離れ教育局長官が改革計画<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市教育局のデービッド・バンクス長官は2日、公立学校変革に関するビジョンを発表した。同日付PIX11が伝えた。市のデータによると、過去5年間で12万もの家族が公立学校を離れており、長官は「家族の信頼を取り戻すことから状況を変えなければならない」と述べた。また黒人とラテン系の生徒の3分の2は、基礎科目の数学と英語の習熟度を達成できていない。教育局は、職業体験プログラムの復活や、「ギフテッド・アンド・タレンテッド」などのプログラムの拡大、早期のキャリアパス決定、生徒の健康の優先、意思決定への家族の参加などを計画している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。