ラン展を開催中ニューヨーク植物園<ブロンクス>

ニューヨーク植物園(NYBG)で最も人気のイベントの1つとされるラン展が始まった。先月25日付NY1が伝えた。19回目を迎えた今年のテーマは「ジェフ・リータムの万華鏡」。フラワーデザイナーとして名高いジェフ・リータム氏が手掛ける2度目のラン展で、温室が万華鏡に見立てられフラワーアートのトンネルに姿を変えている。同園の温室栽培ディレクターは、「数千ものランを観賞しながら、生物多様性、自然保護、さまざまな品種について学ぶことができる」と述べ、アーティストの手腕が光る展示に仕上がっている。開催は5月1日まで。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。