祖母と孫を毒殺か遺体からタリウム検出<ブルックリン>

3カ月の間に孫と祖母が立て続けに毒殺された事件に関する捜査で、検視局は、2人は家で毒殺されたと断定した。17日付FOX5ニューヨークが伝えた。5月24日、ウィルヘルム・デュカトル君(4歳)は腹痛で病院に運ばれ、2日後に死亡した。同局は、同じく腹痛を訴え2月17日にマウントサイナイ病院で死亡した母方の祖母、フーン・マンさん(63歳)の遺体を掘り起こし検死を行ったところ、死因は共に急性タリウム中毒だったことが判明した。警察によると、少年の両親は親権争いをしており、マンさんは当時、孫が住むブルックリン区ベンソンハーストの家に同居していたという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。