銃器メーカー訴訟7300万ドルで和解<コネティカット>

15日、コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で2012年に起きた銃乱射事件の犠牲者(大人5人、子供4人)の遺族が、銃器メーカーのレミントンアームズ社を相手に起こした賠償請求訴訟で、両者が7300万ドルで和解に合意した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。米国で起きた銃乱射事件で製造業者の責任が問われたのは初めて。遺族は、同社が軍や法執行機関関係者のみの使用に適している、殺傷力の高い急襲用ライフルを一般消費者の手に委ね、その販売や不当なマーケティングによって、コネティカット州不正取引慣行法に違反したと主張していた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。