市長就任初の予算案財政規律を重視<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は16日、就任後初の予算案を発表した。同日付NY1が伝えた。7月1日開始の2023年会計年度に、予算準備金61億ドルを含む985億ドルを計上。勤労所得税額控除の拡大や、保育や母性保健への支出を強調する一方、警察予算は増やさず、人員の再配置で治安回復を目指す。株式や不動産市場の好況で予想以上の税収だったが、経済回復は他の地域より遅く、市民にリモートワークをやめて職場に戻るよう促した。予算案は市議会との交渉の第一歩で、6月末に合意予定。市長は「何十年もの非効率と無駄遣いからの脱却」を約束した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。