電気代急騰に悲鳴コンエドに見直し要求<オールバニ>

電気料金の急激な値上がりを受けて、ニューヨーク州のキャシー・ホークル州知事は11日、電力会社コンエジソンに請求の一連の流れを見直すよう、強く促した。同日付amニューヨークが伝えた。コンエジソンは、原因は天然ガスの価格上昇にあるとしているが、卸値の急騰と冬の消費電力の増加で、1月の請求額は2〜3倍に高騰し、一部の企業や家庭では、300%も値上がりした。公益事業委員会は、卸価格はコントロールできないが、調達と請求の方式を改善して劇的な価格変動を減らすよう取り組むことを要求した。知事は州の救済金を増やし、対応すると発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。