芸術スクールに寄付ビリー・ジョエル氏<ロングアイランド>

グラミー賞受賞ミュージシャンで、ロングアイランド在住のビリー・ジョエル氏の財団が、ロングアイランドハイスクール・フォー・ザ・アーツに150万ドルの寄付を約束した。10日付FOX5ニューヨークが伝えた。パフォーマーや舞台関連の仕事を目指す生徒が学ぶ芸術専門学校は、2016年の閉鎖の危機も、ジョエル氏の寄付によって救われた。教頭は、今回は機材など、設備の充実に役立てるとしている。ジョエル氏は「学校のビジョンに感化されて今後も支援を続けていく。次世代のアーティストたちに貢献できるのを誇りに思う」と語った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。