接種を拒んだ職員1430人が解雇<オールバニ>

ニューヨーク市は、期限を11日としていた新型コロナウイルスワクチンの接種義務に従わなかった、市の職員1430人を解雇した。14日付FOX5ニューヨークが伝えた。市は1月下旬、未接種の4000人に対して、最低2回の接種を証明しなければ解雇すると通知。その4分の3はすでに無給の休職扱いにされている人だったが、通知後に多くが接種を受けたと市長室は伝えている。解雇された1430人の64%は教育部門の職員で、教職員組合は解雇の阻止を訴えたが、裁判所は10日、市に寄り添う判決を出した。連邦最高裁判所も11日、教育省の職員の控訴を退けている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。