警官が出産を介助 嵐の中、自宅で破水<ニュージャージー>

激しい嵐が州北東部を襲った前月29日に生まれた男の子の名前の一部に、出産を助けた警官の名前が付けられた。5日付ニューヨークポストが伝えた。ニュージャージー州バウンドブルック警察のトーマス・バーギン巡査部長代理(42歳)は、自宅で陣痛が始まった女性の通報を受け、雪が降りしきる中、同僚と出動した。サラ・アルベスさんと夫が病院に行く準備をしていたところ、サラさんが破水。バーギンさんは持参の陣痛・出産キットを使い、出産を助けた。両親は感謝を込めて、赤ん坊の名前をパウロ・トーマス・カスティージョと名付けた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。