警官が出産を介助 嵐の中、自宅で破水<ニュージャージー>

激しい嵐が州北東部を襲った前月29日に生まれた男の子の名前の一部に、出産を助けた警官の名前が付けられた。5日付ニューヨークポストが伝えた。ニュージャージー州バウンドブルック警察のトーマス・バーギン巡査部長代理(42歳)は、自宅で陣痛が始まった女性の通報を受け、雪が降りしきる中、同僚と出動した。サラ・アルベスさんと夫が病院に行く準備をしていたところ、サラさんが破水。バーギンさんは持参の陣痛・出産キットを使い、出産を助けた。両親は感謝を込めて、赤ん坊の名前をパウロ・トーマス・カスティージョと名付けた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。