チャック対フィル春の訪れを占う<スタテンアイランド>

グラウンドホッグデーの2日、スタテンアイランド動物園のチャックが春の訪れは近いと「予言」した。同日付CBSニューヨークが伝えた。グラウンドホッグは2月2日に冬眠から目覚め、晴天で外に出て自分の影に驚いて巣穴に戻ると冬はまだ6週間続き、悪天候で影を見ないと春は近いとされる。チャックのライバルであるペンシルべニア州パンクサトーニーのフィルの予測は、冬は6週間続き、ニュージャージー州のタートルバック動物園のレディー・エドウィナは春近しだった。統計ではチャックの予測精度は85%で、フィルは約40%。レディー・エドウィナは今年初登場だった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。