1月の犯罪率が急増 昨年比38・5%増<ニューヨークシティー>

NYPD統計によると、今年1月の市内の犯罪率は昨年より38・5%上昇した。3日付NY1が伝えた。銃撃は100件で31・6%増、強かんは128件で26・7%増、強盗は1251件で33・1%増、重罪暴行は1736件で12・3%増、侵入強盗は1189件で7・5%増、重窃盗は4047件で58・5%増、車両重窃盗は1187件で91・5%増など、殺人(28件、15・2%減)以外は総じて増加。ヘイトクライムも72%増の31件で、約半数が反ユダヤ主義犯罪だった。統計は、ジョー・バイデン大統領が犯罪・銃暴力対策を話し合うためにニューヨーク市を訪れた日に発表された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。