おとり警官に銃販売大学生が起訴される<ブロンクス>

ブロンクス区のダーセル・クラーク検事とキーシャント・スーウェルNYPD本部長は先月26日、ブロンクス区出身でテネシー州の大学生シャコア・ ロドリゲスを304丁の銃不正取引で起訴したと発表した。同日付NY1が伝えた。同被告は2020年7月から2021年12月に、銃73丁と大容量の弾倉40本をブロンクスとマンハッタンで取引、市の覆面警官に販売して捕まった。銃はダッフルバッグに入れバスで運ぶなど、被告が南部から持ち込んでいた。ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は、「銃の流入地点となる駅やバスターミナルの取り締まりを強化する」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。