コロナ治療薬感染者へ無料で配送<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は先月30日の記者会見で、新型コロナウイルスの検査結果が陽性で重症化するリスクの高い市民に向けて、市が無料で抗ウイルス薬を自宅へ配送すると発表した。同日付ゴッサミストが伝えた。抗ウイルス薬には、FDA(連邦食品医薬品局)が承認したファイザー製の「パクスロビド」とメルク製の「モルヌピラビル」の2種類があり、どちらも5日間の服用で体内のウイルス量を減少させ症状の悪化を防ぐ。処方箋が必要だが、かかりつけの医者がいない場合、212COVID19212-258-4319)で相談できる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。