殉職した警察官5人の患者に臓器提供<マンハッタン>

ハーレムで職務中に銃撃され重体となり、先月25日に亡くなったNYPDの警察官ウィルバート・モラさん(27歳)が、臓器提供をして5人の命を救った。先月26日付FOX5ニューヨークが伝えた。キーシャント・スーウェルNYPD本部長は、警察官の道を選び、人を守るために犠牲になり、ドナーとしてさらに人命を救った彼を「3度の英雄」と呼んだ。モラさんの心臓、肝臓、膵臓(すいぞう)と2つの腎臓は、ニューヨーク州の3人と州外の2人に移植された。臓器調達団体「リブ・オン・NY」のレオナルド・エイケン代表は、臓器提供という英雄的な贈り物をしたモラさんと遺族をたたえた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。