公立学校の隔離期間5日間に短縮<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市教育局は先月31日より、市内の公立学校に通う新型コロナウイルスに感染した職員と、幼稚園児以上の生徒の隔離期間を、これまでの10日から5日に短縮した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。CDC(米疾病予防管理センター)と州の指針に沿った措置で、生徒は24時間発熱がなければ感染の6日目から登校が可能になる。ワクチン未接種で濃厚感染者となった場合の隔離期間も同様に5日に短縮されるが、5歳以下の子供は10日間のまま変わらない。市の感染ケースは過去数週間で劇的に減少し、陽性率は先月の10分の1に留まっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。