ルーズベルト像撤去ノースダコタ州に移転<マンハッタン>

1940年以来、マンハッタン区アッパーウェストサイドの自然史博物館入り口の外にあった、先住民と黒人男性を従えたセオドア・ルーズベルト元大統領の騎馬像が撤去された。20日付FOX5ニューヨークが伝えた。同像は人種差別と植民地主義の象徴として何度も破壊行為を受け、2020年6月に市のパブリックデザイン委員会が移転を決議した。同館のエレン・フッター館長は、銅像には反対するが、同館創設者の一人である父を持つ環境保護主義者で、ニューヨーク州知事も務めた元大統領を否定しないと述べた。同像はノースダコタ州のルーズベルト大統領図書館に移される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。