ルーズベルト像撤去ノースダコタ州に移転<マンハッタン>

1940年以来、マンハッタン区アッパーウェストサイドの自然史博物館入り口の外にあった、先住民と黒人男性を従えたセオドア・ルーズベルト元大統領の騎馬像が撤去された。20日付FOX5ニューヨークが伝えた。同像は人種差別と植民地主義の象徴として何度も破壊行為を受け、2020年6月に市のパブリックデザイン委員会が移転を決議した。同館のエレン・フッター館長は、銅像には反対するが、同館創設者の一人である父を持つ環境保護主義者で、ニューヨーク州知事も務めた元大統領を否定しないと述べた。同像はノースダコタ州のルーズベルト大統領図書館に移される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1193

ニューヨークで見つける 新生活にも役立つ こだわりの雑貨

新生活の始まる春は何かと身の回りの雑貨を新調するのにもいい時期。最近は日本からの出張者や旅行者もめっきり増え、最適な雑貨やニューヨークならではのファッションを知っておくことで会話も広がりそう!

Vol. 1192

徹底研究!サマーキャンプ2023

子供を抱える家庭にとっては、毎年この時期がサマーキャンプを決める大事なタイミング。日本への一時帰国の計画のあるなし、市内の日帰りキャンプにするか? 山間部のお泊まりキャンプにするか? お財布との相談も悩ましい。約2カ月に及ぶアメリカの長い夏休みを子供達がいかに有効に過ごすか? キャンプ選びのヒントになる情報を集めてみた。

Vol. 1191

春はもうすぐ 今年のお花見、どこ行く?

約3万4000本以上の観賞用桜が植えられ、開花時期によって街の風景が一変するのがニューヨーク。短い春を華麗に彩る桜と、おすすめのお花見スポットを紹介する。

Vol. 1190

ファッションウィーク速報も活発化NY

2023年秋冬のニューヨーク・ファッション・ウィークが15日に幕を閉じた。ファッションウィーク期間中はお祭りムードに変わるニューヨークだが、活発化するファッションシーンのトピックスを見てみよう。