映画館でビール提供ライセンス申請を許可<オールバニ>

ニューヨーク州酒類管理局は19日、州内の映画館に、客席で飲むビールやワインを販売できる免許の申請を認めると裁定した。21日付イーターが伝えた。この件は、アンドリュー・クオモ元州知事などの支持派と反対派議員の間で、何年も議論されていた。以前は、業務用厨房と個別テーブルが客席にあるかや、酒類免許を得てロビーにあるバーで消費する場合のみ、販売が許されていた。新指針では、ポップコーンなど軽食を提供する映画館なら、酒類販売が主要な収入源でない限り、免許を申請できる。ただ、蒸留酒やカクテルは、別途レストラン免許を得て座席で提供しない限り販売できない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。