映画館でビール提供ライセンス申請を許可<オールバニ>

ニューヨーク州酒類管理局は19日、州内の映画館に、客席で飲むビールやワインを販売できる免許の申請を認めると裁定した。21日付イーターが伝えた。この件は、アンドリュー・クオモ元州知事などの支持派と反対派議員の間で、何年も議論されていた。以前は、業務用厨房と個別テーブルが客席にあるかや、酒類免許を得てロビーにあるバーで消費する場合のみ、販売が許されていた。新指針では、ポップコーンなど軽食を提供する映画館なら、酒類販売が主要な収入源でない限り、免許を申請できる。ただ、蒸留酒やカクテルは、別途レストラン免許を得て座席で提供しない限り販売できない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。