警官への発砲が多発市長が違法銃対策発表<ニューヨークシティー>

21日にハーレムで警官2人が違法銃で撃たれ、ジェイソン・リベラさん(22歳)が死亡、ウィルバート・モラさん(27歳)が重症を負った事件を受け、ニューヨーク市のエリック・アダムズ市長は24日、違法銃取り締まり計画を発表した。24日付ニューヨークポストが伝えた。1日の市長就任以来、市内で警官への発砲事件が5件発生。計画は私服警官の「ネイバーフッド・セーフティー・チーム」、警官のボディーカメラ装着、顔認識など新技術を使った銃保持者の特定を含む。まずは暴力犯罪の80%を占める30の警察管区に注力し、今後3週間で最も危険な20地区にチームを配置する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。