ヒップホップスター犠牲者の葬儀費用負担<ブロンクス>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は19日、ブロンクス出身のヒップホップ歌手カーディ・Bが、9日に同区で発生した高層住宅火災の犠牲者17人の葬儀費用を払うと発表した。同日付ゴッサミストが伝えた。犠牲者の多くは西アフリカのガンビア出身で、母国への遺骨送還を含む費用は、被害者家族への寄付を受け付ける「メイヤーズファンド」を通じて集められた。基金はこれまでに250万ドル以上が集まっている。同ラッパーは声明の中で、「愛する人の埋葬費用を心配する必要がないことで、彼らが前を向き、癒やされる助けになれば」と話した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。