警察官の心のケアセラピーを義務付け<ロングアイランド>

全国的な警察官の自殺率上昇を背景に、サフォーク郡イーストハンプトン警察は、全警察官と通信指令係に個別の心理カウンセリングを受けるよう義務付けた。14日付CBSニューヨークが伝えた。警察と長く関わっている心理療法士は、日常的に惨事に直面する警察官は「心的外傷、不安、悲しみを多く抱えていて、それが結婚や薬物の問題にも波及する」と述べ、感情を吐き出す機会を作り精神面をサポートする重要性を訴えた。長年警察署長を務めたジェリー・ラーセン同町長は、費用は町の予算で補い、現在3年に1度受けるセッションを年1度に増やしたい方針だ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。