警察官の心のケアセラピーを義務付け<ロングアイランド>

全国的な警察官の自殺率上昇を背景に、サフォーク郡イーストハンプトン警察は、全警察官と通信指令係に個別の心理カウンセリングを受けるよう義務付けた。14日付CBSニューヨークが伝えた。警察と長く関わっている心理療法士は、日常的に惨事に直面する警察官は「心的外傷、不安、悲しみを多く抱えていて、それが結婚や薬物の問題にも波及する」と述べ、感情を吐き出す機会を作り精神面をサポートする重要性を訴えた。長年警察署長を務めたジェリー・ラーセン同町長は、費用は町の予算で補い、現在3年に1度受けるセッションを年1度に増やしたい方針だ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。