悲劇のアパート火災15人の葬儀が行われる<ブロンクス>

9日にブロンクス区のアパートで発生した火災の犠牲者17人のうち15人の葬儀が16日、イスラム文化センターで行われ、何百人もの会葬者が集まった。16日付NY1が伝えた。犠牲者は全員西アフリカとつながりがあった。葬儀に参列したニューヨーク市のエリック・アダムス市長は14日、被害を受けた家族へは2250ドルが支払われ、加えて寄付で220万ドル以上が集まった救済金からも支援すると発表している。葬儀のスピーチに加えて同州のブライアン・ベンジャミン副知事は「ブロンクスは市の一部であるだけでなく、州の一部」と語り、州も200万ドルの援助を行うと述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。