ごみ処理場訴訟30年費やしついに合意<スタテンアイランド>

スタテンアイランド区の住民がニューヨーク市を相手取り起こした、フレッシュキルズごみ処理場の訴訟が12月、30年余りを費やしてようやく合意に至った。12日付NY1が伝えた。原告側は疫学者による発がん物質の検出に基づき、血液、ぼうこう、脳などにがんが発症した原因が有害物を投棄してきたごみ処理場にあるとの主張を続け、がんを患った32人の家族へ約3400万ドルが支払われることになった。かつて世界最大であった同ごみ処理場は、9・11の同時多発テロ後、ワールド・トレード・センターの残骸処理も行ったが、その後閉鎖され、現在は公園に作り替えが進んでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。