ごみ処理場訴訟30年費やしついに合意<スタテンアイランド>

スタテンアイランド区の住民がニューヨーク市を相手取り起こした、フレッシュキルズごみ処理場の訴訟が12月、30年余りを費やしてようやく合意に至った。12日付NY1が伝えた。原告側は疫学者による発がん物質の検出に基づき、血液、ぼうこう、脳などにがんが発症した原因が有害物を投棄してきたごみ処理場にあるとの主張を続け、がんを患った32人の家族へ約3400万ドルが支払われることになった。かつて世界最大であった同ごみ処理場は、9・11の同時多発テロ後、ワールド・トレード・センターの残骸処理も行ったが、その後閉鎖され、現在は公園に作り替えが進んでいる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。