化学工場で大火災主要工場の延焼は防ぐ<ニュージャージー>

14日、ニュージャージー州パセーイク市の化学工場で11回の出動要請が発せられた大規模な火災が発生した。16日付ABC7ニューヨークが伝えた。火はカジノなどで使う家具製造会社の倉庫から出て、隣接する塩素製造工場へと広がったが、消防は10万ポンドの塩素錠剤に火の手が回るのを食い止めた。20万平方フィートの大火災に大量の煙が立ち上り、同州のフィル・マーフィー州知事は、環境保護局に大気環境の測定を指示した。空気の質は安全と見なされ、住民へ強制避難命令は出されなかった。まかれた水が即座に凍りつく氷点下での消火活動で、十数名の消防士がけがを負った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。