賃借人立ち退き猶予15日で期限切れ<ニューヨークシティー>

15日、ニューヨーク州が家賃滞納者に対して定めた立ち退き猶予の期限を迎えたが、失効前日に賃借人の権利の擁護者がニューヨーク公共図書館に集結、連邦政府からの救済と、立ち退き猶予を6月末まで再延長するよう求めるデモを行った。17日付ABC7ニューヨークが伝えた。一方、レントスタビライゼーション協会の代表は、強制退去禁止は一時的な緊急対応であり、緊急事態宣言も解除されている今、終わらせる時だと主張。州は十分な資金はないものの一時給付金の申請用ポータルを再開した。申請書の審査中は立ち退きの対象にならないとされている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。