賃借人立ち退き猶予15日で期限切れ<ニューヨークシティー>

15日、ニューヨーク州が家賃滞納者に対して定めた立ち退き猶予の期限を迎えたが、失効前日に賃借人の権利の擁護者がニューヨーク公共図書館に集結、連邦政府からの救済と、立ち退き猶予を6月末まで再延長するよう求めるデモを行った。17日付ABC7ニューヨークが伝えた。一方、レントスタビライゼーション協会の代表は、強制退去禁止は一時的な緊急対応であり、緊急事態宣言も解除されている今、終わらせる時だと主張。州は十分な資金はないものの一時給付金の申請用ポータルを再開した。申請書の審査中は立ち退きの対象にならないとされている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。