市内の病院を支援3ポイント計画発表<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は5日、市内の病院の医療崩壊を防ぐ支援計画を発表した。6日付CBSニューヨークが伝えた。これは、ゴールドマンサックス後援によるセーフティーネット病院への3300万ドルの融資、「NYCヘルス+ホスピタルズ」への1億1100万ドルの財政支援、市保健福祉局への250人の人員補充という3つの柱からなる。デイブ・チョクシ市保健局長によると、現時点の市内の入院患者数は2020年春の半分未満であるものの、病床使用率は75〜80%で、多くの医療従事者の感染もあって、医療制度への負担が増大している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。