カクテル持ち帰り知事が合法化を支持知事が合法化を支持<オールバニ>

ニューヨーク州のキャシー・ホークル州知事は5日、初の施政方針演説で、カクテル持ち帰りの恒久的合法化への支持を表明した。同日付ゴッサミストが伝えた。新型コロナウイルス対策費用の税額控除や創業資金助成金を含む、約100億ドルのスモールビジネス救済計画の一環で、法案は今春、州議会で審議・可決される可能性が高い。この政策は2020年3月にアンドリュー・クオモ元州知事が制定し、昨年6月に終了していた。NYCホスピタリティーアライアンスのアンドリュー・リジー理事は、「苦境にある飲食店の重要な収入源であり、市民の支持も高い」と合法化を期待する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。