外国籍市民に選挙権80万人以上が対象に<ニューヨークシティー>

9日、1カ月前に市議会で可決された、非米国籍市民に地方選挙権を与える法案が法制化された。同日付PIX11が伝えた。対象は市内に30日以上居住する永住者及び法的な労働許可を持つ者で、2023年以降、市長や市議会議員、区長などへの投票が可能になる。反対派は異議を申し立てるとするが、裁判所が却下した場合、外国人に広く地方選挙権を与える全米初の大都市となる。ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は当初、30日という居住基準への懸念を示していたが、後に法律の支持を表明。市長が法案成立を阻止できる30日間の期限は9日午前0時に終了した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。