生ゴミ回収所市内200カ所以上に<ブロンクス>

ニューヨーク市清掃局(DSNY)は17日、市内205カ所で生ゴミ回収所が利用可能になったと発表した。同日付PIX11が伝えた。DSNYのエドワード・グレイソン局長によると、ゴミの3分の1は堆肥化が可能。埋め立て地に運ばれた生ゴミは適切に処理しないと、大気中に有毒物質を放出する危険がある。パンデミック中は回収所の多くが閉鎖されたが、現在は新型コロナウイルス以前を上回る。回収した生ゴミは、会見が行われたサウスブロンクスのニュー・ルーツ・コミュニティー・ファームで堆肥化されるが、過剰分は環境団体「グロウNYC」がブルックリンの施設で処理する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。