クリスマスギフトティーンへも確実に<ウェストチェスター>

ウェストチェスター郡の社会福祉課(DSS)は、寄付によるクリスマスギフトを小さな子供のみでなく、ティーンたちも受け取れるよう配慮している。先月24日付CBSニューヨークが伝えた。 里親制度やシェルターで多くの子を支援する同課のバーバラ・サバターさんは、16年前にギフトドライブを開始。「彼らは辛い時期を過ごしているので、せめて1日、非観的でないものを受け取ってほしい」と語った。ティーンへの実用的なギフトには、ヘッドフォン、ポータブルスピーカーなどを提案している。寄付箱はホワイトプレーンズ市などのDSSオフィスに設置されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。