ベストブックリスト公共図書館が発表<ニューヨークシティー>

ニューヨーク公共図書館は先月23日、「2021年ベストブックス」を発表、子供と大人向け各100冊、ティーン向け50冊、スペイン語版子供向け45冊と年齢層別に、幅広いジャンルから295冊を選んでいる。先月24日付パッチが伝えた。書籍は全て2021年に出版されたもので、市内の公共図書館に勤務する熟練の司書たちが、文学的価値、読者へのアピール度、ニューヨークの多様性が象徴されたものかなどを判断基準に審査した。スタッフが優良図書を選ぶ伝統は100年に渡り続けられている。ベストブックスのリストは図書館のホームページで確認できる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。