マスク着用奨励オミクロン株への懸念<ニューヨークシティー>

新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が世界で広がる中、ニューヨーク市のデイブ・チョクシ保健精神衛生局長は先月29日、ワクチン接種の有無にかかわらず屋内環境でマスクの着用を推奨する勧告を出した。同日付NY1が伝えた。市ではまだオミクロン株の感染例はないが、近いうちに報告されるだろうと予測している。同市のビル・デブラシオ市長は、「感染対策としてマスクがワクチンの代用になるという印象を与えたくない」と述べ、着用の義務化はしていない。同市長はまた、保育所や早期介入プログラムの職員へのワクチン接種義務付けを20日に発効することも発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。