過剰摂取を警告フェンタニル混入大麻<コネティカット>

コネティカット州公衆衛生局(DPH)は、マリファナ吸引後にオピオイド過剰摂取症状が出たという報告を多数受け、フェンタニルが混入したマリファナを調査している。18日付ニューヨークポストが伝えた。フェンタニルは微量でも致命的となる強力なオピオイド。7月以降、オピオイド拮抗(きっこう)薬のナロキソンを使い蘇生させたケースが州全体で36件以上あり、薬物過剰摂取対応チームは違法入手した薬物に対する注意を促した。17日の政府発表では、過去12カ月で、昨年比30%増となる10万人が薬物過剰摂取で死亡しており、フェンタニルを含むオピオイドが75%以上を占める。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。