10カ所の大規模会場5〜11歳の接種を開始<オールバニ>

ニューヨーク州のキャシー・ホークル州知事は13日、5〜11歳の子供の新型コロナウイルスワクチンの接種を州の大規模接種会場でも行うと発表した。14日付CBSニューヨークが伝えた。ベイ・エデン・シニアセンター(ブロンクス区)、メドガー・エバース・カレッジ(ブルックリン区)、サウス・オゾン・パーク(クイーンズ区)、ストーニーブルック大学(サフォーク郡)、ナショナル・ガード・アーモニー(ヨンカース市)を含む10カ所で接種ができる。州は、CDC(米疾病予防管理センター)がファイザー製ワクチンを承認して以来、約5万人の子供たちが最低1回のワクチンを接種したと報告している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。