住宅プロジェクトヨンカースで完成祝う<ウェストチェスター>

ヨンカース市で犯罪や麻薬取引の温床とされていた低所得者向け公共住宅「コッテージ・プレース・ガーデン」が、魅力的で手頃な価格の賃貸住宅に作り替えられた。先月29日付CBSニューヨークが伝えた。テープカットセレモニーが行われた8階建てのビルからはハドソン川が望め、スポーツジム、コミュニティールーム、保育施設、ソーラーシステムが完備されている。総額2億7000万ドルをかけた「リッジウェー・プロジェクト」が全て終了すると500戸が完成する。同市のマイク・スパーノ市長は「ここに住んで、ここで人生を送る人々に恩恵を受けてほしい」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。