住宅プロジェクトヨンカースで完成祝う<ウェストチェスター>

ヨンカース市で犯罪や麻薬取引の温床とされていた低所得者向け公共住宅「コッテージ・プレース・ガーデン」が、魅力的で手頃な価格の賃貸住宅に作り替えられた。先月29日付CBSニューヨークが伝えた。テープカットセレモニーが行われた8階建てのビルからはハドソン川が望め、スポーツジム、コミュニティールーム、保育施設、ソーラーシステムが完備されている。総額2億7000万ドルをかけた「リッジウェー・プロジェクト」が全て終了すると500戸が完成する。同市のマイク・スパーノ市長は「ここに住んで、ここで人生を送る人々に恩恵を受けてほしい」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。