銃器買取りイベント1日で2806丁<ニュージャージー>

先月23日、銃の買取りイベント「ガン・フォー・キャッシュ」がニュージャージー州イングルウッド、エリザベス市など10カ所で行われ、州と郡関係者によると、持ち込まれた銃器は1日で3000丁近くを数えた。先月28日付FOXニューヨークが伝えた。銃器は何も質問されることなく、25ドルから250ドルの定められた金額で1人3丁、最大750ドルを限度に引き換えられ、この日、拳銃1196丁、ライフルや散弾銃1206丁などが手放された。同州のアンドリュー・ブルック司法長官代理は、「回収された一つ一つの銃は、命が救われる可能性を表している」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。