幸福度で全米第2位NJ、NYもトップ10<コネティカット>

処方せん管理サービス会社「NiceRx」の調査で、全米で最も幸せな州トップ10にコネティカット、ニュージャージー、ニューヨークのトライステート3州が入った。15日付PIX11が伝えた。同社は平均寿命、平均世帯収入、殺人件数、治安、貧困率、精神疾患率を調査した。3州中、コネティカットが最高位で、貧困率の低さ、平均寿命の高さ、治安の良さが評価され、ハワイに次いで2位。平均世帯収入が高かったニュージャージーが3位で、ニューヨークは10点中7・25点で9位となった。最下位3州は、得点3点以下だったミシシッピ、ルイジアナ、アーカンソーだった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。