ギャビーさんの財団最初の募金活動を開催<ロングアイランド>

サフォーク郡パッチョーグで17日、ギャビー・プティート財団が初の募金調達イベントを行い、1万ドル以上の募金が集まった。同日付PIX11が伝えた。同財団は、ロングアイランド出身で、7月にミニバンで婚約者と全国横断旅行に出発したままその後行方不明となり、9月にワイオミング州グランドティトン国立公園で遺体で発見されたギャビー・ペティート(22歳)さんの遺族が設立した。行方不明者やドメスティックバイオレンスの犠牲者の家族を支援することを目的とする。主催者によると、この日のイベントにはプティートさんを知る数百人の人々が集まり、その死を悼んだ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。