安全な水道水が戻る「アイダ」から6週間後<ニュージャージー>

ハリケーン「アイダ」の6週間後の15日、パサイクバレー水道委員会は、パターソン郡、パサイク郡、隣接するクリフトンとウッドランドパークの一部に出していた、水道水の煮沸勧告を解除、ニュージャージー州北部住民25万人以上が清潔な水道水を利用できるようになった。16日付ゴッサミストが伝えた。嵐による洪水で、屋外貯水池の処理済み飲料用水約5200万ガロンが汚染され、給水栓4000以上の洗浄を余儀なくされた。同委員会管轄の貯水池3つのうち汚染されたのは1つだが、州政府は2009年に、連邦法に即して貯水池を密閉型にするよう命令を出していた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。