40万軒に郡の支援375ドルを送付開始<ロングアイランド>

ナッソー郡のローラ・カレン郡長は6日、HAP(ハウスオーナー支援プログラム)に署名、パンデミックで苦しむ同郡の40万もの住宅所有者に向けた375ドルの支給を翌日から開始した。7日付ABC7ニューヨークが伝えた。年収16万8900ドル以下の世帯は自動的に受給、それを上回る世帯は郡のウェブサイトに経済損失を証明して申請する。HAPには米国経済救済計画法の下、郡に配当された連邦資金が充てられる。同郡長は、「支給は苦しい状況下の人を助けるだけでなく、地元経済の後押しになる。メインストリートで買い物をして地元ビジネスを支援して欲しい」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。