高額の寄付で可能にハロウィーンパレード<マンハッタン>

資金不足で開催が危ぶまれていた、マンハッタン区グリニッジビレッジのハロウィーンパレードの開催が、市民による寄付で可能になった。1日付FOX5ニューヨークが伝えた。昨年新型コロナウイルスで開催できなかった分、今年は盛大に行う計画だったが、開催費用15万ドルが不足していた。それを知ったUBS役員のジェイソン・フェルドマンさんは、主催者に全額の寄付を申し出た。主催者は、「今年のパレードは昨年のハロウィーンを楽しめなかった全ての子供に捧げる」とし、子供たちに絵を送ってもらい、巨大操り人形にする。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。