高額の寄付で可能にハロウィーンパレード<マンハッタン>

資金不足で開催が危ぶまれていた、マンハッタン区グリニッジビレッジのハロウィーンパレードの開催が、市民による寄付で可能になった。1日付FOX5ニューヨークが伝えた。昨年新型コロナウイルスで開催できなかった分、今年は盛大に行う計画だったが、開催費用15万ドルが不足していた。それを知ったUBS役員のジェイソン・フェルドマンさんは、主催者に全額の寄付を申し出た。主催者は、「今年のパレードは昨年のハロウィーンを楽しめなかった全ての子供に捧げる」とし、子供たちに絵を送ってもらい、巨大操り人形にする。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。