将来の感染危機対策公衆衛生2組織を設立<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は先月29日、今回のパンデミックの教訓から、将来の公衆衛生上の危機に備える恒久的組織「NYCパブリック・ヘルス・コープス(PHC)」と「パンデミック・レスポンス・インスティテュート(PRI)」の設立を発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。PHCは公衆衛生従事者の拡大、保健インフラの強化、地域間の健康格差是正を目指す。PRIはコロンビア大学に設置。最高2000万ドルの支援を受け、ニューヨーク市立大学公衆衛生・健康政策大学院などと協力し、感染流行に効果的かつ公平に対応するための研究を行う。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。