市が食事を支援フードトラックで無料<ブロンクス>

ニューヨーク市緊急管理局はフードトラック協会と提携して、熱帯低気圧「アイダ」で大被害を受けた地域に食べ物を提供している。先月24日付NY1が伝えた。ブロンクス区スロッグスネックでは、無料で食べ物が得られるフードトラックに行列ができている。同局広報担当者は、フードトラックに加え、生活困窮家庭に14万7000食の配達も行ってきたとし、サービスを当分の間続けると述べた。一方、スロッグスネックビジネス改善地区のボブ・ジーン理事は、パンデミックですでに苦境に立たされている地域レストラン保護のため、フードトラックを商店街から住宅地へ移動するよう要請している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。