デレク・ジーター氏米野球殿堂入り<ニューヨークシティー>

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーター氏が2020年米野球殿堂入りを果たし、パンデミックで1年遅れた式典が8日、ニューヨーク州クーパーズタウンで開催された。同日付FOXニューヨークが伝えた。ジーター氏は1996年に新人王に輝き、その後チームは5回ワールドシリーズで優勝した。守りはショート一筋で、通算3465安打の同氏は、「数字ではなく、自分がどのようにプレーし、振る舞い、先人や後者のため試合に敬意を払ってきたかを誇りに思う」と述べた。この日、ラリー・ウォーカー、テッド・シモンズ、故マービン・ミラーの3氏も共に殿堂入りした。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。