配車サービスが支援車失った州民を対象<ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー州知事は8日、配車サービスのウーバー、リフトとの連携により、熱帯性低気圧「アイダ」の被害で車を失った州民に向けて、無料、または割引で乗車を提供すると発表した。同日付NBCニューヨークが伝えた。被災者救済の取り組みの一環として、2週間の期間を設けて食料品店や病院など生活維持に必要な場所へのアクセスを支援する。ウーバー、リフトは携帯電話から898‒211へ「NJIDARIDE」とテキストを送るか、211へ電話をかけて依頼する。両社のサービスに適用される制限についての情報も211で確認できる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。