学校、職場へ復帰再開へ大きなステップ<ニューヨークシティー>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、「9月13日は市がパンデミックを乗り越えて大きな一歩を踏み出した復興の日だ」と宣言した。同日付CBSニューヨークが伝えた。新学期を迎えた市内の学校には100万人以上の生徒が戻り、1年半ぶりの対面授業を行った。市の職員30万人も、ワクチン接種か週ごとの検査結果の提出を義務付けられて職場復帰したが、同市長の発令は時期尚早とする声も多い。また同日より、屋内飲食、娯楽やスポーツ関連施設でのワクチン接種証明の確認に応じない事業者は、警告の上、最低1000ドルの罰金を科されることになる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。