ガルシア氏が州要職先の市長選の次点候補<オールバニ>

ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は1日、前ニューヨーク市衛生局長で、市長選民主党予備選で次点となったキャサリン・ガルシア氏を、知事室の重要職である州運営責任者に、市会計監査官の元主任弁護士のネイサ・アルシーナ氏をパンデミック対策特別アドバイザーに任命すると発表。同日付ニューヨークポストが伝えた。ガルシア氏は市職員を長年務めたが、市長選出馬のため辞職。比較的、無名候補だったにも関わらず、ニューヨーク・タイムズ紙などの推薦を受け、市政に通じた穏健派として、一位のブルックリン区長のエリック・アダムス氏に僅差に迫った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。